ウェディング物語

「幸せと感謝のブーケ💐」

ウェディング物語

【マコ、ありがとう❣️感謝の一文です。今頃でごめんね。】とのコメントと一緒に
写真と感謝の一文を頂きました。

 

以下原文のまま

「幸せと感謝のブーケ💐」

『このスクエアーリボンのブーケは彼と私の幸せの証しです。
   「あなたの結婚式のブーケは私がプレゼントするからね!」と言ってくれていたのは
高校時代の親友(ヴィータ代表 堀内昌子さん)です。

   卒業から48年後、念願叶って2013年4月29日挙式予定で、約束通り素敵なブーケが届きました。
しかし、残念ながら彼の病気でこのブーケを持つことは叶わず、翌年2月に彼は永眠しました。

    でも、手許に残されたブーケは間違いなく彼と私の幸せの証しです。
    マコに心から感謝❣️ありがとう』

            

 

 

いつまでもいつまでも 大事な思い出と一緒に感謝していただけるなんて プレゼンター冥利に尽きます!
愛しい彼との思い出に繋がるBouquetは、いつまでも輝き続けてくれる事と思います。
こちらこそ 大事にして頂き有難うございます。

 

 

お母さまからのサプライズプレゼント

ウェディング物語

「友人たちが、祝って上げるって言ってくれてるから何にも要らないし、しなくて良いよ」って言ってくれてるんだけど・・・・
「式に出てくれるだけで嬉しいよ。全部2人で準備するから」と言ってくれているんだけど・・・・

「たいしたことは、出来なくても何かしてやりたい!」・・・・

 

親を気遣う娘心・娘をおもう親心・祝福を込めたウエルカムボード

  

 

 

collardressの色に合わせて

ウェディング物語

以前にアトリエに遊びに来られたYちゃんが、カラードレスに合わせてブーケを作りウエルカムボードの写真として使いたいといらっしゃいました。2012.3.24~

紫のドレスに合わせて 小ぶりのまあるいブーケにしたい!とリボンの色選びから始めました。

 

初めての薔薇作り作りだったんですけど 頑張ってきれいに仕上がりました。「恥ずかしいワ」っておっしゃっていましたが、挙式の時のお写真無理にお借りいたしました。

 

母と創った思い出Bouquet

ウェディング物語

文化祭用の作品作りでお会いしたお母さまが、娘のためにブーケを手作りしたいとアトリエにお見えに
なったのは、2011.1.17~

豪華な白いブーケが作りたい!とお嬢様と2人話し合いながら作られました。

 

 

 

JAFdayのイヴェントに見えられた O母娘様が、スクエアーリボンの色や軽さ・手軽さの魅力を感じ 取って頂き 早速アトリエに見えられました。2011.10.15~

お嬢様は、レース編みなど手芸がお得意で レース編みでブーケを創っていらっしゃいましたが、そこにスクエアーリボンのお花も付けたいとの事でした。

その他にも お見送りグッズを兼ねた卓上花をお客様の人数 お父様たちも総出で作り上げ 家族ぐるみの思い出づくりをプレゼンされました。お写真をお借りしましたのでちょっとご披露しますね。

 

その後「スクエアーリボンの魅力にはまちゃったワ」とSちゃん お友達にもミニブーケをプレゼントされています。

桂由美先生

ウェディング物語

2006 パリオートクチュール(Dimension Violette)展

和紙の糸で織ったリボンを使用

2016.9.25   若狭パレアホール

桂由美先生と(若狭パレアホールにて16.9.25)

 

2006パリオートクチュールコレクション用の
リボンに関わらせていただいてから、丁度10年
親しく桂由美先生とお会いすることが出来ました。

 

 

« 古い記事